病める時も健やかなる時も・・・・わたしはわたし

そのままの自分でシアワセ探し💕

微調整・・・の意味

パーキンソン病の薬は

微調整が難しい

 

そんな言葉を聞いて

 

そうか

薬の量をちょっと増やしたり減らしたり

Dr.も難しいんだな。

 

そう思っていた。

でも

そうじゃなかった。

f:id:rumidesu:20190315205945p:image

 

3月1日の診察で薬が減った。

朝昼晩1粒ずつ飲んでたイーシードパール

私が昼間飲み忘れることが多く

薬が余ってる事をDr.に伝えると

それで変わりないなら

朝晩1粒にしてみましょうと言う事に。

 

やったぁー💓

と喜んで減らしてもらったけど

 

もともと2カ月に一回の受診が

いつもと同じ量の薬をもらい

飲むのは朝晩なので、受診は3ヶ月後。

 

減らして調子悪くなったらどうするんだ⁉️

とは思ったけど

飲み忘れても変わりないし

薬減ったのは嬉しいからいっか😆

と、その日から昼は薬ナシに

 

数日後

なんとなく震えが強くなったような🤔

気のせいかと思いながら

1週間過ぎて

なんとなく歩きにくい気がする。

身体がカクカクする感じ

ロボット感が戻ってしまったみたいな。

 

さすがにこのままでいいのか

不安になってきた。

 

でも、診察はずっと先

しかも千葉大から金曜だけ来てるDr. 

 

10日を過ぎて

少しずつ動きにくくなっている。

首の後ろがいつもより一段と強張る。

右足の強張りも辛くなってきて

前のめりもキツくなって

夜、靴下脱いだ足先は真っ赤っ赤

久しぶりだった。

 

せっかく減らしてもらえた薬

少し我慢しても

様子を見た方がいいのか

早く元に戻した方がいいのか

悩みながら

身体はキツくなっていくし

一人で悶々としていた。

 

ドテラのサプリを試しにやめてみた時は

体調悪くなってすぐに戻した。

ドテラなら

自分でいくらでも増やしたり減らしたり

薬じゃないから

身体の声を聞きながら自由自在。

 

さすがに薬は・・・

知識がないから😰

 

結局、耐えきれず

3月13日

薬を使わない薬剤師で有名な宇多川先生に

忙しいのも承知でLINEした😭

 

超多忙なのに

すぐに返信してくれた宇多川先生

 

『るみちゃんが頑張ってる姿に
いつも元気をもらってるよ❣️

しかし!
すぐに3錠に戻した方がいいと思う。
せっかく2錠になったけど
3錠でうまくコントロールできてたんだと思う。
この1錠の違いが
薬のすごいところであり
怖いところだね。
症状が強くなってからでは
もっと増えちゃう。
すぐに対応した方がいいと思う。』

 

そうなんだ・・・

 

すごく納得した。

ここは頑張っちゃいけないとこなんだ‼️

薬の量はこうやって

私自身が、私の身体が教えてくれる。

 

微調整って言うのは

減らしたり増やしたりするタイミング

それが難しいんだ。

 

それがDr.の仕事なんだね。

 

その日の昼から服薬開始

足先の痛みが少しいいかなってくらいで

まだ動きにくさは変わらないけど

何日かして落ち着いてくれるといいな。

 

もっと早く

宇多川先生にLINEすれば良かった😔

 

宇多川先生は薬を全否定してるわけじゃない。

最小限の薬で効果を最大限に得る

薬に依存しない

その為に運動や食事や

ドテラとか自然のものを伝えている。

 

宇多川先生のLINEには

『身体の状態を

1番わかるのはるみちゃんだからね。
医療の力も借りつつ

自然の力も活かして❣️ね❣️』

 

そう書かれていた。

宇多川先生、ありがとうございました。

 

私のDr.には・・・

今日は高校の説明会で電話出来なかったので

来週金曜には

電話して、受診日早めてもらいます。

薬足りなくなっちゃいまからね😅