病める時も健やかなる時も・・・・わたしはわたし

そのままの自分でシアワセ探し💕

幼い頃の記憶と幼児虐待

幼い頃

普通に母親に叩かれて育った。

1つ上の姉なんて

鍋の蓋で叩かれて、頭から血が出てた💦

 

よく家の外にも出された。

玄関の鍵をかけられて、入れてもらえず

泣きながら謝っていた。

 

母子家庭の我が家

母親の口ぐせは

「片親だから躾が悪いって言われたくない」

 

ど貧乏で、その日食べる米がなくても

生活保護を受けなかったり

母親なりの想いが色々あって

子育てと言うより

生きることに必死だったんだろうと思う。

 

良い子に育てようと必死だった部分と

昼も夜も働く毎日の中で

単純に疲れてイライラして怒ってた部分と

両方だったんだろうと

現在の私は冷静に分析したりする。

真相はわからないけど😅

 

ニュースで幼児虐待とか見ると

自分も叩かれたし、外にも出されたなぁ

と思いながら

思い出すシーンは叩かれてる自分でもなく

外に出されてる自分でもなく

 

「おばちゃんが一緒に謝ってあげるから」

そう言って、母親に一緒に謝ってくれた

近所のおばちゃんの顔だったり

何故か、母親の泣いてる顔だったりする。

 

ニュースで見る幼児虐待のように

日常的に叩かれたりしてたワケじゃないし

根っこの部分が違うとは思う。

 

 

でも、紙一重だったりするのかなぁ

って・・・

思ったりもする。

 

営団地だったせいか

時代がそんな時代だったのか

田舎だったせいなのか

 

ご近所付き合いが濃かったので

ご近所さんが母親が仕事でも

私と姉を連れてお出かけしてくれたり

洋服とかお下がりをもらったり・・・

 

だから

外に出されてるのを見かねて

一緒に謝ってくれたり。

 

もしも、

誰も助けてくれる人がいなかったら❓

母親は一人っ子だったし

頼れる親戚もなかった。

 

もしも、

ひとりぼっちで子育てして

借金返して・・・

親の面倒も見なくちゃいけなかったら❓

 

そしたら

どうなっていたのか。

 

それだけの問題じゃないし

そんな簡単な問題じゃないとも思う

 

でも・・・

何か小さなきっかけで

助けてあげられる親であってほしい

世の中であってほしい。

 

そうじゃなきゃ

親をシアワセにする為に

やってきた子供が救われない。

f:id:rumidesu:20180617232319j:image