病める時も健やかなる時も・・・・わたしはわたし

そのままの自分でシアワセ探し💕

パーキンソン病と自律神経

パーキンソン病

自律神経がうまく機能しなくなって

運動機能だけでなく精神状態や内臓機能にも

色々な不調が起こると言われている。


脳内の自律神経細胞だけじゃなくて

末梢の自律神経細胞

病気によって破壊されることが原因らしい。

 

頻尿、便秘、排尿障害、立ちくらみ

発汗、嚥下障害、不眠・幻視からくる鬱

などがある。

 

現に私も

2年前のろくじろうを辞めた頃は

今思えば、

自律神経がうまく機能していなかったんだな。

 

便秘もあったし、頻尿もあった。

トイレ行ったばかりなのに

行きたい気がして、行くと少ししか出ない💦

急に我慢出来ない位に行きたくなったり

怖くてトイレばかり行ってた😱

 

風邪でもないのに声はかすれ

小さい声しか出なかった。

夜は眠れなくて鬱状態も何ヶ月も続いた。

 

入院時、そんな話をDr.にすると

パーキンソン病によくある症状ですね。

その時は何の薬で改善されたんですか⁉️」

 

「薬は使ってません。

植物系ミネラルとメディカルアロマです。」

 

Dr.はぎこちない笑顔🤣

 

昨日もう一度話す機会があって話したけど

やっぱりぎこちない笑顔でスルー😆

 

でも、ホントなんだもーん💕

 

 

自律神経を整えるのは

エッセンシャルオイルの得意分野のひとつ‼️

アロマタッチの8本も

 

アースリズム、ラベンダーで

ストレスを和らげ

ティトリー、オンガードで

免疫力を高め

アロマタッチ、ディープブルーで

痛みを緩和し

オレンジ、ペパーミントで

自律神経を整える。

f:id:rumidesu:20180419084053j:image

この8本を使うアロマタッチは

鬱だと自覚したあたりから

週3回くらいは旦那に背中に塗ってもらってる。

旦那がいない日は

自分でも足裏や首すじに塗ったりしてた。

 

当時、DDR、CRS、xOMEGA、MITO2

そして、ミネラルをしっかり摂った。

 

 

おかげで

パーキンソン病の症状が出て7年以上だけど

自律神経機能検査は問題なし👍😉

 

「初めを見てないので何とも言えないけど

7年経って今の状態なら進行は遅い方だと。」

そうDr.に言われたし💓

 

やっぱりドテラって、スゴーイッ✨✨✨

 

 

昨日、病院に来てくれた

勝俣さんとありちゃんにもこの話をした。

 

娘さんの鬱をドテラで治したありちゃんと

脳梗塞をドテラでケアする勝俣さんは

当然、大納得✨✨✨

 

「困ってる人に届けたいねー💓」

思いは同じ😊

 

そんな勝俣さんは

私のブログで読んだ  お隣さんにあげてと

ラベンダーで作ったクリームや 

ラベンダーのミニボトルを作ってきてくれた。

ありちゃんは

「お見舞いじゃなくて、お土産だから

家に帰って子どもと食べて😊」

立派な菓子折りを持ってきてくれた。

 

みんな愛なんだよねー💓

優しさと気遣い、心遣い・・・

私の周りには愛が溢れています✨✨✨

 

あっ、そうだ‼️

明日退院決まりました😊

想像より遥かに楽しかった入院生活😅

でも、家が一番💕  ホッとしてます。