病める時も健やかなる時も・・・・わたしはわたし

そのままの自分でシアワセ探し💕

やってやれる親に憧れて

おはようございます😃るみねぇです。

 

帰省している次男

今日は東京に戻っていきます。

 

今回は、割りと家にもいてくれたので

運転手になってくれたり

私の病気の事や、彼が行きたい留学の事。

ゆっくり話すことができました。

 

思っていた以上に、冷静に広い視野で

ものを見て考えていることに驚きました😳

 

留学の話も・・・

留学に行かせてあげたいと思っているけど

そんなにたくさんのお金は出せない。

短期でホームステイ🏠

みたいなイメージでいたから

ガッツリ留学したい話にぶっ飛んでいた私。

今回の帰省で、父親と話すように言ってあった。

 

頭ごなしに物を言うタイプの父親

家にいた頃はよく言い合いもしてた😰

私からの下話には、

即答でダメ出ししてたし

ケンカして終りにならないか

内心ヒヤヒヤしていた。

 

でも

 

オトナになったんだなぁ。

 

キチンと自分なりの考えと希望 を

丁寧に説明する次男

旦那も冷静に、彼の気持ちを汲みながら

我が家の経済状況。

とにかく大学を無事に卒業させなくてはと

今は頑張っていること。

三男の未来もあることを話していた。

 

なんとなく、いたたまれなくて

「私が人並みに働けなくなっちゃって😓」

口を挟むと

「それはいいんだよ。」

旦那が優しくさえぎってくれた。

 

「大学の友達でも、家賃だけ仕送りもらって

生活費はバイトでやってる奴も普通にいる。

俺は家賃も生活費も仕送りしてもらって

本当に恵まれてると思ってる。」

 

と、話す次男の言葉

それを聞いて、あることに気がついた。

 

「もっと早くやってやれる範囲と

やってやれない範囲を話し合えばよかったね。

そうすれば、早い時期からバイト代貯めるとか

自分でも考えただろうにね。」

 

そう

ある程度・・・

言えばなんとかやってもらえる。

次男はそう安心していたのだろう。

 

そう思わせていた。

 

経済状況って、子供には話しにくい。

無い訳じゃないけど

有り余ってるわけなどなく。

それでも、子供にかかるお金は渋りたくない。

本当はもっと減らしたいと思いながら🤣

家賃を払い、仕送りをし、携帯代を払い

授業料の振込みには溜息が出る💦

 

それでも

 

極貧な子供時代を過ごした私には

やってやれる親が憧れでもあったから・・・

 

それが

人並みに働くことすら出来なくなって

それなのに

メンテナンスにお金はかかる自分😨

 

そんな不安も、子供には言えず・・・

 

やってやれる親を

演じていただけかもしれない。

 

結果

次男は気楽にバイト代は自由に使い🤣

今月末も仲間でバンコク旅行✈️

 

「確かに・・簡単に考えてたわ💦

バイト代使っちゃたよ😅」

 

そう笑う次男

 

ちゃんと話してれば

自分で何とかする子だったのに。

と、逆に申し訳なく思った🙏

 

でも、親が思うより

彼は前向きでバイタリティがありました。

短期で、行ける範囲で、

また練り直すようです😊

 

次男に伝えました。

 

出来なくなったことは増えてるけど

お父さんに

本当に助けてもらっていること。

パートなど務まらない私が

ドテラを仕事として収入を得られていること。

ドテラで自分も元気になって

人も元気に出来ること。

 

「今日来てた人も、

ドテラ教わりに来てたの❓」

 

「そう。こうやって家にも来てもらえるし

LINEでも何でも伝えられるからね〜

だから、私にも出来るんだよ。」

 

「へぇ〜😊」

 

楽しそうな私に

きっと彼は安心してくれたことでしょう。

 

私の心が安定していて

旦那の心も安心していて・・・

子供はしっかり成長してくれて

だから

こんなにも穏やかに

本音を話し合えるようになったんだな。

 

憧れだった「やってやれる親」より

楽しく生きてる親でいたい。

そう思った私でした✨✨✨

 

f:id:rumidesu:20170812101217j:image