病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

信頼されるDr.に願うこと。

こんばんは、るみねぇです😊

 

先日、新聞に書かれていた記事。

 

腰痛の治療は西洋医学では効果は期待出来ず

マッサージ、鍼灸などが効果は期待出来る。

 

本当に時代は動いている。

医者が

看護師が

薬剤師が

現代の医療に疑問を感じ

安易に処方される薬や

身体を傷つける治療法に警鐘を鳴らしている。

 

今や、そんな内容の書籍が次々出版され

新聞にまで掲載されるようになった。

 

なのに

どうして・・・⁉️

 

まだまだ

風邪と診断して4.5種類も薬を処方したり

眠れないと言えば、すぐ睡眠導入剤

痛いと言えば、すぐ鎮痛剤。

 

本当に必要なのかと思う程度の人に、

副作用も強い劇薬が簡単に処方される。

介護を仕事にしてる人なら

必ず目にしたことがあると思うけど

体力の落ちたお年寄りは

風邪薬や睡眠導入剤や鎮痛剤で

思いもよらない副作用が出る。

子供だって同じだし

体力のある大人だって副作用はある。

 

 

〝その前に出来る事がある。〟

 

ドテラのコンベンションで

あるDr.がそう言ったのが印象的でした。

 

別のDr.はこうも言った。

 

〝化学は絶対ではない。〟

 

 

Dr.には、大きな力がある。

信頼がある。

だからこそ、広い視野と柔軟な考えで

患者さんに本気でいてほしい。

 

そんな本気のDr.に会ったから

尚更・・・

全てのDr.にそうであってほしいと思う。

 

そして

私たちは

自分の為、家族の為、仲間の為

大切な人の為に

しっかり勉強して

最善を後悔なく選べる自分でありたい。

 

時代は動いている。

f:id:rumidesu:20170617203441j:image