読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

殺したいほど憎んだ父親

こんばんは、るみねぇです😊

今日はアロマスィーツ講座に

ママ友と一緒に行って来ました。  

 

ドテラの植物系ミネラルを使ったグミや

オレンジオイル🍊を使った蒸しパン❣️

美味しかったぁ〜😌

 

また写真撮るの忘れてました💦

 

どうも、写真撮る習慣が無くてダメですね😰

美味しかった〜  しかお伝え出来なくて。

 

スィーツとは関係ありませんが

自己紹介がてらのドテラ話の中で

皆さんにも紹介したい話があったので😊

 

彼女はガン闘病中の父親

ドテラを使ってケアしてきた話をしてくれた。

父親をマッサージしながら

「今までありがとう💕」

そんな気持ちになるのだと・・・

嬉しそうに、笑顔で話してくれた。

 

ここまではよくある話。

ガン闘病にドテラを選んでる人も多いし。

 

彼女と父親の関係は

少し・・特殊だった。

 

逆らうコトを一切許さない父親

逆らえば娘だろうと容赦ない。

怖くて一言も逆らえないまま大人になった。

 

彼女は、そんな父親が大嫌いだった。

色々あった生い立ち、思春期・・・

父親への憎しみは膨らむばかりで

「本気で死んで欲しいと思ってたし

殺してしまおうかとも考えてた。」

 

そんな父親がガンになった。

一気に年老いて、弱気になった父親

初めて見た父親の弱さ・・・

 

普通なら、見守り

側にいてあげるくらいしか出来ない。

父親からしたら

それでも、充分ありがたい。

 

でも

 

彼女はドテラでケアしようと決めた。

 

糖尿病もあり、化膿してしまう術後の傷に

ティトリーやラベンダーを塗り

細胞を修復するDDRサプリを

自分では飲み忘れる父親

毎日、根気よく飲ませて・・・

 

背中には、8種のエッセンシャルオイル

アロマタッチを施し

浮腫んだ足をマッサージする。

 

会う度に、

彼女の顔が優しくなって行ったのを思い出す。

 

以前の彼女が両親に向ける顔は

いつも怒りが見えていたから。

そんな彼女を見て、凄いなと感心していた。

 

大嫌いだった父親の背中に・・

足に触れながら、憎しみの記憶が蘇る。

 

父親をケアして

父親に触れる時間は

彼女は自分の心に触れ、

問いかける時間だったのかも知れない。

 

何故・・

あんなにも憎かったのか。

何故・・

父親はああだったのか。

 

「触れる」ということと

「香り」がくれる優しい時間。

 

そんな時間を繰り返しながら

彼女の心は整理され、父親を許していた。

 

マッサージをしながら

「ゴメンね。死んで欲しいなんて思って

本当にゴメンね。」

 

心の中で謝ったと彼女は笑う。

 

彼女が許せなかったのは

本当は父親ではなくて

何も言えない自分だったのかもしれない。

 

彼女が許したのは

父親ではなくて自分自身・・・?

 

今は平気でケンカしますよ🤣

 

そう笑う彼女がステキだった✨✨✨

f:id:rumidesu:20170509222535j:image