病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

ツバメのヒナに教わったこと

三男が興奮ぎみに帰ってきた。

学校帰りに歩道にスズメが動けなくなっていて

先輩が家に連れて帰ったと言う。

 

「手のひらの乗せても飛べなくてさ

大丈夫かなぁ。助かるかなぁ〜🤔」

 

その話を聞きながら、懐かしい記憶が蘇った。

長男が小3か4の時のこと。

巣から落ちてしまって、

蛇に食べられそうだったツバメのヒナを

自分が足を噛まれながら😱

なんとか助けて・・・

大事そうに、帽子に入れて帰って来た😅

 

すっかり弱っていて

スグに死んでしまったけど

その様子を見ていた近所のおじさんに

「せがれは大丈夫か⁉️

蛇もおっかながらねぇで🤣」そう驚かれた。

 

逞しく、優しい子に育ったもんだ。

密かに感動した私🍀

 

 が

 

この話には続きがある。

 

後日、また帽子にツバメのヒナが❗️

「落っこちてた。」

んな、ばかな・・💦

そんなに簡単に落ちるもんなの?😒

 

追及もそこそこ

ピーチクパーチク鳴いている😱

なんとかしなくちゃ‼️

鳥に詳しい知り合いにSOS

ヒナ用のエサを作ってもらった。

 

翌日、ママ友の目撃情報で

長男が、竹サオでヒナを落として

連れて来てしまったことが判明😣

 

蛇から助けたのに死んでしまったヒナ。

調度、国語の授業でツバメの巣立ちが書かれた

物語をやっていたのも重なり

どうしても育ててみたくなったのだと😩

 

なんて可哀想なことを😤

説教したものの、戻すことも出来ず💦

 

数週間、ひっきりなしに

ピーチクパーチク鳴くヒナに

家族交代でエサを食べさせた。

 

ある日、ヒナが部屋の中を飛び始めた🕊

いよいよ・・・

子供達は拍手して大喜び👏

玄関を開けると庭に飛んでいき

しばらく、物干し竿で休んでいたけど

どこかに飛び立って行った。

 

その時、

長男に教科書に書いてあった話をした。

f:id:rumidesu:20170419225410p:image

「ツバメのヒナは飛べるようになってからも

まだエサがとれないんだよね。

だから、お母さんにエサを貰いに

しばらくは巣に帰って来る。

何日かそれを繰り返して、巣立っていく。

でも、あなたが連れて来てしまったPちゃんは

巣がないから帰る場所がなくて・・・

エサを食べられるようになる前に

死んでしまうかも知れない。」

 

その時、長男は初めて

「ごめんなさい。」神妙な顔をした😔

 

自分がした事の意味が・・・

わかった瞬間だったのかも知れない。

 

「早く自分でエサを食べられるように

神さまにお願いしよう😇」

 

 

23歳になったお兄は、覚えているのかな。

懐かしい記憶。

田舎ならではでしょ🤗