読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

「自分は親に愛されてない。」

こんにちは。るみねぇです🤗

今日は雨模様🌧

しっとりした今日を迎えています。

 

突然ですが

「自分は親に愛されてない。」

そんなことを思った事はありますか⁉️

 

香り庵時代、全国から頂く相談の中で

「自分は親に愛されてない。」

そう思ったまま大人になって・・・😔

 

大人になっても、親になっても

そのヤリキレナイ想いが

心の奥にずっとくすぶり続けている。

そんな人が沢山いた💧

 

介護の仕事をしていた時

そんな記憶を蘇らせる出来事があった。

 

もう体はとっくに限界なのに・・・

必死に頑張るお婆ちゃん👵

何が彼女を死なせないんだろう。

まだやり残した事があるんじゃないか。

 

シンドそうに目をつぶる彼女に

そっと聞いてみた。

 

「シンドイね。頑張ってるね・・・

やり残した事はない?

会いたい人には会えた?」

 

すると、目をつぶったまま

ポツリと男の人の名前を呼んだ。

 

初めて聞く名前

親族に確認すると、息子さんの名前だった。

たくさんいる子供の中で

まだ会っていない息子さん

会いに来ない理由があるのだろう😔

 

でも、とにかく電話してみよう❗️

電話して会いたがっている事を伝えると 

意外にも、すぐに駆けつけてくれた。

 

ベットに横たわる年老いた母に

彼が言った第一声は・・・

 

「俺のことなんか覚えてたんだ・・・」

目は真っ赤に潤んでいた💧

 

そして私に問いかけて来た。

 

「ホントに俺の名前を呼んだんですか⁉️」 

 

その時の状況を話すと

彼は幼い子供のような目で

嬉しそうに母を見つめていた☺️

 

この親子に何があったのかは分からない。

 

でも、60歳を過ぎた息子は、

自分は母に愛されてないと思いながら

今日まで生きてきて・・・

 

自分が親になった今も

60歳を過ぎた今も

母に愛されたかったんだと言う想いは

充分感じることが出来た。

 

最期を前にした母が

自分の名前を呼んでくれた事で

何かが溶けて行ったように見えた🍀

 

 

我が子を愛してない親はいない。

上手に愛せなかったり、

愛し方が分からなかったり、

愛し方を間違えてしまったり。

 

愛してもらってるのに

上手に受け取れなかったり。

 

ボタンのかけ違いで

「自分は親に愛されてない。」

と思ってしまっただけ。

 

幸いにも私は・・・

父親が浮気して出て行っても

父親に捨てられたとは思わなかったし

ド貧乏で、昼も夜も母がいなくても

養子に出されそうになっても😱

母に「愛されてない」と思わなかった🤣

 

きっと母が父親の悪口も言わず

誰のせいにもしないで

必死に私達姉妹を育てていたからかもしれない。

 

我が子は・・・大丈夫かなぁ😅

そんな哀しい想いを抱えさせていないかな。

 

香り庵時代は、私も子育て真っ最中。

自分に置き換えて考えることも多く

当時「毒になる親」と言う本を読んだ。

内容はなかなか衝撃的で😱

「毒にはなるまい。」

と心に誓ったのを思い出す。

 

「自分はこんなにも愛されている。」

そう感じながら生きてほしい。

いっぱいいっぱい愛してきたし💕

これからも・・ずっと変わらないから✨✨✨

 

「毒になる親」

久しぶりに読み返してみようかな😊

f:id:rumidesu:20170407111516j:image