読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

デーサービスろくじろうと一緒に始まった義母の介護

うちの義母が亡くなって7年。

今日はなんだか義母の思い出が溢れている。

 

元気で畑仕事と海が大好きだった義母。 

義母が撮ったサザエで作るかき揚げと

サザエカレー🍛   大好きでした❤️

 

そんな義母が不調を訴えたのは

もうすぐやってくるソラマメの季節。

収穫に忙しい5月頃でした。

 

「ソラマメもいだからかなぁ?

背中が痛て〜で、おいね〜よ😩」

 

我慢強い義母にしたら珍しい。 

すぐに、整形外科に連れて行くと

血液検査の数値が悪く・・・

そのまま総合病院を紹介された。

 

心不全と言われ入院し、

その後、何年も前の乳癌が骨に転移してると

乳腺科のある病院に救急車で転院 🚑

 

進行はゆっくりだったとは思うけど

以前のように畑に行ったりは出来なくなり

何より、そんな自分を嘆いていた😓

 

その頃、私が務める香り庵というアロマのお店が

介護の世界に飛び込むことになった。

オーナーの小池さんの自宅を使い

デーサービスろくじろうを始める運び・・・

しかも!我が家と同じ町内だったので

義母のもしもを考え、

私をろくじろうでの勤務とさせてくれた。

 

なんとも神様のはからいの様なタイミング😊

 

そのデーサービスろくじろうに

義母も通ってもらう事にした。

 

でも、口の悪さは天下一品‼️

「バカが移っちまう。」

とほざきながらのろくじろう通い🤣

義母にしたら、嫁助けと通ってくれたのでしょう。

 

当初、日々の中で認知症のバーの言動に

認知がないバー達が文句を言う

そんな場面が多く見られた。

もちろん、口の悪いうちの義母も文句炸裂💦

 

「お母さん、そんな言い方しないで💢」

 

でも、怒った所で何も変わらず😓

義母の口の悪さを嘆いたものです。

 

とは言え、

文句炸裂はうちの義母だけではないし 

なんとかこの事態を改善したいと

スタッフみんなで話し合いました。

 

で、考え出したのが

 

認知のないバー達に、認知症講座を開く❗️

何度も同じ話を繰り返すことも

家に帰ると騒ぐことも

何度言っても食べてる皿を片付け始めることも

イジワルでもワザとでもなく

認知症という病気がそうさせてること。

本人も「わからない自分」に苦しんでいること。

そんなことを真剣に伝えた。

 

すると・・・

バー達は素直だった❣️

 

帰ろうとするバーを引き止めてくれたり

黙って出て行ってしまったバーを

スタッフに急いで教えてくれたり

中々の理解と協力を見せてくれた👏

 

その一方

 

まだ食べてるのに片付けられる皿には

必死に死守しながら

ガンガン文句を言ってる姿が 

なんとも普通で、楽しかったのを思い出す😊

 

「バカが移っちまう。」とほざきながら

ろくじろうに通うジーバーと

仲間になって行く様子が

なんとも嬉しかったのも懐かしい😌

 

最期はろくじろうに通うこともままならず

自宅で過ごし、自宅で看取った義母。

家族みんなで向き合った泣き笑いの毎日。

そんな思い出話を

次回また・・・書きたいと思います。

 

f:id:rumidesu:20170325144257j:image