読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

沢山のシアワセをもらったから。

先日、長男の誕生日だった🎂

東京で暮らす長男に、おめでとうとLINE。

返ってきたメッセージには

「病気に負けず頑張ってください。

そのうち実家に顔出すね。」

そう、添えられていた。

 

泣けた😭 嬉しくて、嬉しくて・・・

 

23年前

私達の元にやって来てくれた彼。

彼の妊娠・出産には

忘れられない感謝エピソードが二つある。

 

一つは妊娠初期のこと。

原因不明の出血が続き、Dr.の支持通り

仕事を休み安静に・・・

それでも中々出血は止まらず

止血剤を点滴で入れるという話になった🏥

 

家で義母に話すと・・・

そんな事をしてはダメだと言われた😵

 

義母曰く

赤ちゃんは五体満足じゃなかったら

流れようとする。

それを薬で無理に止めてはダメ。それが寿命。

お腹の子に寿命があれば、

ちゃんと産まれてきてくれる。

ダメだったら、それがその子の寿命だから 

諦めてあげるんだ。

 

医学的根拠など何もない。

年寄りの迷信なのかも知れない。

でも・・人生の大先輩の言葉は重かった。

 

旦那と相談して、覚悟を決めた。

「自然に任せよう。

この子はきっと産まれて来てくれる。

この子の寿命を信じよう。」

 

信じた通り

彼は元気に産まれて来てくれた👶

あの時の義母の言葉

妙に深くて、妙に全てを言い表わしてた。

あの言葉に、今でも感謝している✨✨

 

 

もう一つの感謝エピソードは、出産した日。

出産予定日の3月は、菜花と花の出荷ピーク💐

おまけにホテル勤めの旦那は

繁忙期で1日置きに夜勤だった。

 

病院まで車で1時間。

夜、旦那がいない確立は2分の1💦

 

予定日の4日前。

花の出荷も一段落、予定日まで少しゆっくりしよう。と思った夜、破水して病院へ。

2分の1の確率で旦那がいた👍😊

 

まだまだ産まれないからと言われ

旦那と義母、義父は朝方家に戻った。

旦那はそのまま出勤。夜勤の日だった。

 

結局、予想より早くお産は進み・・

午前中のうちに無事に出産❣️

分娩室から旦那の会社に電話で感動の報告。

 

でも、病室のベットに戻り

喜びを噛みしめながら、ちょっと淋しかった。

「今日は誰も来れないなぁ😰」

初めての子供、

頑張って産まれて来てくれたけど・・・

 

旦那は夜勤だから、来るのは明日。

義母、義父は運転出来ないから

明日、旦那を待って一緒に来るだろう。

 

仕方ない。

 

ところが

義母、義父が駆け付けてくれた。

親戚の人が快く、車を出してくれたのだ。

「昨日まで畑にいて〜て

はぁー産んじまったんか💕」

(昨日まで畑にいたのに、

もう産んでしまったのね💕)

と、豪快に一緒に来たおばちゃんが笑う😆

 

確かに・・・産休中の畑三昧。

昨日の昼まで畑で花の出荷を手伝っていた✌️

自分でも信じられないスピード。

 

 

すると

 

今度は、旦那がやって来た😳

「仕事は?」

「産まれたって話したら、

課長が夜勤は代わりを立てるから

病院に行ってやれって言ってくれて。

お祝いまで包んでくれた。」

そう言ってご祝儀袋を出した😳

 

嬉しいやら、有り難いやら・・・✨✨

 

23年経ち、

旦那は転職してお付き合いは無くなったけど

今も欠かさず年賀状を出す

感謝してやまない課長さんです。

 

産まれた時から

こんなにシアワセな我が子。

このシアワセに感謝して

もっともっとシアワセになりますように。

 

沢山の人に

シアワセをお返し出来ますように。

f:id:rumidesu:20170321231630j:image