読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

彼はやっぱり強い人だと思うんだ。

ずっとずっと前・・・

大切な仲間が、自ら命を絶とうとした。

数日後、奥さまと行ったICU

 

「助かってよかった💧」 

それしか言えない私に・・・

力なく笑う彼の顔は、今でも忘れられない。 

 

死を選ぶなんて・・・

想像も出来ない強い人だった。

「強く見せていただけだったんだ😔」

そう言う人も多いけれど

「強い人だった。」と、私は今でも思っている。 

スキマは誰にでもあるもの。  

 

たった一度だけ、彼が言った事がある。

「正直、シンドイ😣」

彼の大先輩が話を聞く中、

私は黙って聞いてるだけだった。

誰にも・・・

そのスキマを埋めてあげる事が出来なかった。

 

 

「助かってよかった。」

 

そこから彼の苦悩が始まったように見えた😑

後遺症と自分がしたこと全てを 

無言で背負っているようだった・・・  

 

前のようには喋らない。笑わない。

それでも仕事をする😫

 

可愛がってくれていた我が家の三男。

小さいながらも

「前みたいに笑わないね・・・」

寂しそうに呟いた😥

 

「彼を止めることが出来ていたら。」

そんな事は出来ないのもわかっているけど 

残された人は、そう思わずにはいられない。

 

そして、そんな思いが・・・

いつしかやり切れなさに変わった。

 

「神様は何故彼を助けたの?

こんな辛い思いをする為に助けたの?」

 

「助かってよかった。」と

あれ程安堵して、あれ程神様に感謝したのに。

だけど、思わずにはいられなかった。

「あのまま逝けていたら・・・

こんなに苦しまなくて済んだのに💧」

 

酷いセリフなのはわかってる。

不謹慎なのもわかってる。

 

でも、全てを背負ってるかのような彼

「大丈夫だよ。」哀しそうに笑う彼

そんな彼の横で、不安そうに彼を見上げる奥さんを見ていると・・・

 

私自身が勝手に苦しくて苦しくて。

割り切れない思い

なぜ⁉️なぜ⁉️

やり切れなさばかりが溢れた。

 

それでも彼は黙々と生きていた。

自分自身で全て背負って・・・

 

1年半位経った頃、

「もう一回頑張ってみるか。」彼が笑った。

前とおんなじ笑顔だった。

 

 

 

菜の花咲き乱れる3月。

彼の命日を過ぎ、やっぱり思う。

 

彼は強い人だった。

 

私が死んでしまいたいと思った時

思い出すのは彼と奥さまの並んだ姿。

死ぬという事を教えてくれたのかもしれない。

 

家族でよく彼の話をする。

お互いの家を行ったり来たり

もんじゃパーティーにバーベキュー

アイス片手に満面の笑みでやって来る彼が

子供達も大好きだった💕

 

奥さんにはアロマで足マッサージも❣️

「ホントに効くんかよ〜」

横で笑う彼を睨みつけたっけ🤣

 

きっとこれからも

何度も何度も、彼の話をするんだろうな。

きっと彼も笑ってるね。

あの屈託ない笑顔が懐かしい✨✨