病める時も健やかなる時も・・・・わたしはわたし

そのままの自分でシアワセ探し💕

病気に勝つ?負ける?どう向き合うの?

若年性パーキンソン病の可能性あり

そう言われてから、

ずっとずっと分からなかったこと。

 

それは、病気との向き合いかた。

 

病気に勝つ、負ける

病気と闘う、病気を乗り越える

病気を受け入れる

病気と共存する

 

色んな言葉で表現される病気との向き合い方

何が正解なの⁉️

 

17年位前、同じ疑問に直面した事があった。

それは、旦那が肺がんになった時でした。

 

全身真っ黒に写る画像を見てDr.が言った。

「骨に転移がないか、詳しい検査をしましょう。」

骨に転移があれば肺は切らないとも言われた。

 

結果が出るまでの数日間、

自分の中で自問自答を繰り返していた。

 

転移があったら退院して家に帰る。 

余命は家族と過ごす。という旦那。

 

まだ子供は小さかった。

旦那の気持ちはよくわかる。

 

でも、諦めてしまっていいのだろうか・・・

最後まで諦めずに治療したら、奇跡が起きて治るかもしれない。

 

あか先生もメディカルアロマ・ドテラも知らない中、出来ることを探した。

 

もし、余命宣告されてしまったら・・・

病気を受け入れる?

病気と最後まで闘う?

諦めることと受け入れることは違う?

 

結局、答えは出ないまま

幸いにも転移はなく、肺の腫瘍を切除して

抗がん剤を入れ退院する運びとなり・・・

無事生還。

当時の疑問はそのまま忘れていた。 

 

それが、再び自分が病になり

この疑問がもう一度自分に問いかけられた。

 

病気が治ると信じて、諦めずに闘おう!

凄く前向きで素晴らしいけど・・

私の場合、そこだけにこだわり

症状の変化に一喜一憂し、気持ちが振り回されてばかりの自分がいた。

 

病気に勝つって?負けるって?

病気が治ったら勝ち?

なんか違う・・・

 

病気を受け入れる。

今の自分を受け入れる。

病気じゃなくても、人は老いていく。

病気も老いも受け入れていくしかない。

 

でも・・・老いとは違う。

そのスピードも症状の多様性も・・・

理不尽な気がして受け入れられない私。

  

病は役に立つもの。

 

フラワーエッセンスという感情に働きかける

花のエネルギー水を現在に残した

バッチ博士の有名な言葉。

 

必ず、病から得るものがあるはず。

負けるもんか。絶対治る。

病気になってよかったって、いつか必ず笑ってみせる。

 

そう思いながら、

本当の自分はそんなに強くはなかった。

 

ある時、メディカルアロマ・ドテラの中で

エモーショナルオイルと出会った。

感情に働きかけるエッセンシャルオイル

そのエモーショナルオイルを使ったセミナーに参加した。

 

6種類のオイルの中から、自分でオイルを選び

先生に誘導して頂きながら瞑想していく。  

 

その中で

本当は病気になんかなりたくなかった。

みんなみたい普通でいたかった。

 

そんな感情が溢れ出し、嗚咽して泣いた。

 

ずっと打ち消そうとして来た本当の私。

「自分の感情をちゃんとみてあげましょう。

その感情を抱きしめてあげましょう。

そして・・感情の川に捨てましょう。」

 

封印しようと頑張ってきた弱い私。

そうだよ、本当は病気になんかなりたくなかったよね。

元気なままで、あの頃のままでいたかったよね。

そう認めてあげてから、感情の川に捨ててみた。

 

そのセミナーの後、少しずつ病気に対する考え方が変わって行ったように思う。

 

病気を治したいのはもちろんだけど

そこをゴールにするのはやめた。

 

ずっと私が笑えなかったのは、

病気になったからじゃなかった。

症状に振り回されて、痛みに飲み込まれて

何にも見えなくなっていたからだと気づいた。

 

今は、痛みや不調があっても

シアワセだなぁって思えたり

心から笑えるんだって知る事が出来た。

 

今の私は、病気に負けてないと思う。

出来ない事も増えて、

症状は進んでいるかもしれないけど

感謝も出来るし、シアワセだなぁって思うし

何よりも思い切り笑える。

だから、病気に負けてないと思う。

 

大丈夫、大丈夫🙆‍♂️

自分にそう言い聞かせながら

出来ることを探しながら

出来なくなった事も受け入れながら

前に進んで行きたいと思う。

 

思うように動かない身体に泣けちゃう時もある。

情けなくてやりきれない時もある。

でもね。

シンドくて負けちゃう時があっても

それもまたヨシ!

その時はもう一度、自分の感情を抱きしめて

感情の川に捨てて・・・

仕切り直せばいい。     今はそう思う。

 f:id:rumidesu:20170226143629j:image