病める時も健やかなる時も・・・・わたしはわたし

そのままの自分でシアワセ探し💕

幸運に導く素敵な出会い。

様々な出会いに

幸運へと導いてもらいながら

私はここまで歩いてきたように思う。

 

私の周りには、素敵な人が溢れていた✨✨

いつもいつも周りの人に助けられてきた。

 

物心がついて・・・

一番最初の記憶に残る出会いは小学校低学年

両親が離婚し母親と姉と

小さな市営住宅に引っ越した時

新しい学校で担任となった先生でした。

優しくて大らかで、お父さんみたいな先生。

 

その日食べる米がない日もあった😱

と、母が話すくらい極貧生活だった我が家。

母は昼も夜も働き、いつも姉と二人だった。

 

そんな私に、先生はこう教えてくれた。

「幼いうちの苦労は、お金を払って買ってでもしなさい。ということわさがあるんだよ。

大きくなって必ずいい事があるから

今は頑張るんだよ👍」

 

子供心に必ずいい事があるんだ❣️

今は我慢しよう。きっと神様が見てるんだ。

そう夢を膨らませたのを思い出す。

 

人生は楽しいことばかりじゃなくて

辛い時も、泣きたい時も

消えてしまいたい時もあって・・・💧

 

そんな時に、家族だったり

先生だったり、友達だったり

先輩だったり、後輩だったり

近所のおじさん、おばさんだったり

職場の仲間だったり

飲み友達だったり、ママ友だったり

ろくじろうのジーバーだったり

 

今まで出会った色んな人たちに

助けてもらったり、学ばせてもらったり

 

時には、叱咤激励してもらい

時には、一緒に喜んでもらい

時には、一緒に泣いてもらい

 

沢山の愛をもらいながら

幸運へと導いてもらってきた✨✨✨

 

それは現在進行形で、今も続いている。 

 

シアワセって、苦労がないことではなくて

困難がないことではないんだな。

と、今は思う。

 

極貧の幼少時代も、素晴らしい先生と出会い

私はシアワセだった。

 

どんなに辛い時も、必ず誰か側にいる。

それさえ気づけないくらい

シンドイ時もあって

シアワセを感じられない時もあったけど💦

 

振り返れば、

そんな時も本当はシアワセだった🤗

 

誰かに支えられて、誰かに見守られて。

 

病気になって

何でこんな身体になっちゃったんだろうって

病気にさえならなかったらって

いっぱい、いっぱい嘆いてきたけど

 

病気になってからも

結構シアワセだったんだって

最近ようやく思えるようになってきた。

 

病気になって、初めて気づいた事

病気になって、出会った人たち

 

病気になったからこそ

このブログも書こうと思い

このブログを通して出会えた人もいる。

 

だから、大丈夫・・・大丈夫💕

どんなにドン底だと思う今も

周りなんか見えない今も

 

必ず、誰か側にいる。

家族が、友達が、先輩が、同僚が・・・

あった事もないネットの向こうの誰かかも。

心配してくれてる。

見守ってくれてる。

手を差し伸べてくれてる。

 

そして

私も誰かの役に立ちたいな。

誰かの側で見守ってあげたい。

誰かの側で手を差し伸べてあげたい。

誰かにとって

幸運に導く素敵な出会いとなりたい。

 

恩返し・・したいな😊

 

 f:id:rumidesu:20170225102453j:image