病でもシアワセ

体が病むと心が病む。心が病むと体が病む。どっちも元気で行こう‼️

迷路みたいなジェットコースター

パーキンソン病かも診断から1年半後

2014年の3月、天花自然療法研究所という小さな診療所に辿り着いた。

中国に渡り鍼灸を学び、ホメオパシーアロマテラピーやフラワーエッセンスも使いこなすDr.

週2回は大学病院で診察もしている。

 

あか先生の印象は、優しい魔女🌟

見えないはずのものまで、

全部見えてるかのような、神秘的な人。

(実際、色々見えるらしい😆)

入念なカウンセリングの後

脈を確認して、鍼治療は始まった。

 

鍼治療は何度も経験していたけど、

骨に鍼は初めてだった😳

ズンズン響く感じと、あか先生の鍼を打つスピードの速さにビックリ⁉️

 

頸椎、腰椎ともにかなりズレていること。

頸椎はムチウチの痕跡があると言われ、これまたビックリ‼️

 

数年前、まだ香り庵というアロマテラピーのお店で働いていた頃、後ろから追突された😱

でも、軽くだったので甘くみていた私。

何の治療もせず、元々の肩凝り&首こりと気にもしていなかった。

 

とにかく頸椎と腰椎を治さないと寝たきりになってしまうと言われた。

ずっと悩まされていた目眩と吐き気もその影響だと言われ納得。

何よりも「パーキンソン病じゃないと思う」

そう言われて、嬉しくて嬉しくて・・・

やっぱり薬は飲まなくていいんじゃん💕

そう安堵したのを覚えている。

 

通い始めてスグに、肩凝り&首こりが改善。

目眩と吐き気もピタリとおきなくなった。  

喜びと期待にホッとする私。

 

かと思えば

 

思うように改善しない右手右足にイライラ。

アッと言う間に不安に包まれる。

 前向きな自分と不安でいっぱいの後ろ向きな自分が、ジェットコースターのようにupdown

迷路みたいに行き先さえ見失う。

 

そんな私を全て見透かしているかのように

あか先生は、いつも優しく話を聞いてくれて

東洋医学の見解を丁寧に説明してくれた。

昨日今日で起きた症状ではないから

時間もかかることも説明してくれた。

全体の気の流れを見ながら

心と身体のバランスをとってくれていた。

  

それでも・・・

迷路みたいなジェットコースターに

乗り込んでしまった私は、少しずつ少しずつ 

ドツボにハマって行った。

 

ハマりにハマったドツボの話は次回また🤗

ここまで読んで下さってありがとうございました✨✨✨